内定辞退の防止

内定者の漠然とした「不安」

売り手市場が続く中、乏しい会社理解は不幸な内定辞退を誘発します。
多くの内定者は、入社までの間に「社会人としてこの会社でやっていけるだろうか。きちんと務まるだろうか。」といった、これから新しく始まる社会人生活に対して漠然とした不安を感じています。このような不安を解消しないと、入社意欲が低下したり、内定辞退につながってしまいます。

エアリーフレッシャーズには、内定辞退を早期に察知する効果もあり、少ないマンパワーで情報配信などのフォローを行うことができ、効率的に内定辞退防止を実現していくことができます。

エアリーフレッシャーズの導入で「不幸な」内定辞退の防止

本来は志望度が高かった内定者が、人事からのフォローが少ないなどの理由で内定ブルーにおちいり、結局内定辞退をしてしまうことは、内定者本人にとっても、人事担当者にとっても、望ましい結果ではありません。このような不幸な内定辞退は、内定者の不安に向き合い、適切な情報を発信することで、未然に防ぐことが可能です。また、エアリーフレッシャーズには、内定辞退を早期に察知する効果もあります。

内定辞退防止に役立った 98.6% (2018年 EDGEアンケート調査による) 内定辞退防止に役立った 98.6% (2018年 EDGEアンケート調査による)

先輩社員や同期入社の仲間とつながる安心感

内定者への連絡・フォローがないために、入社への不安が増大し、丁寧に情報発信をしてくれる他社に決められてしまうことがあります。 社風や先輩社員の働きぶりを発信することで、内定者にこれから始まる社会人生活を伝えたり、同期として入社する仲間とのつながりを持つことで、不安を取り除き、「不幸な」内定辞退を防ぐことができます。

つながりをうまくつくるためのコツ

先輩社員や同期入社の仲間とつながる安心感

志望理由を再確認し、入社の意欲を高める

アンケート機能を利用し、内定者に自社を選んだ理由を再認識してもらうことで、入社の意欲を高めます。また、内定者のフォローニーズや希望勤務地など、各種ニーズを把握することができます。

アンケートを活用してモチベーションを維持

志望理由を再確認し、入社の意欲を高める

辞退の可能性が高い内定者を早期に把握

人事担当者が内定辞退予備群を早期に察知できるよう、SNSのログイン頻度や、アンケートの提出状況などを元に、辞退の可能性が高い内定者をピックアップします。

辞退予備群発見機能

辞退の可能性が高い内定者を早期に把握

サービス概要資料ダウンロード