OJTでSNSの利用

OJTの見える化で“育成できる職場”の形成

先輩社員やメンター(トレーナー)と、新入社員のOJT進捗をSNS上で行うことで、職場の上長も進捗状況を把握できるため、上手くいっていない場合に状況を把握しやすく、育成のムラを解消できます。
また、人事部としても各部署に配属した後の育成の状況を把握できるため、メンター(トレーナー)の育成や配属後の研修で取り扱う内容について、計画が立てやすくなります。複線で新入社員を見守ることで、“育成できる職場”を形成することができます。
  • OJTの見える化で「育成できる職場」の形成
  • OJTの見える化で「育成できる職場」の形成

UseCase ー OJTの形骸化を防ぐため、週報や報告書をWeb化 ー

UseCase ー OJTの形骸化を防ぐため、週報や報告書をWeb化 ー
メンターである先輩社員が、日々の指導が負担となり、日数の経過とともに指導量が減少してしまうことは珍しくありません。何もフィードバックがないと、新入社員も徐々に週報・月報などを書かなくなり、その上、上長は指導している様子を逐一見ているわけではないので、気づかない、という悪循環に陥ってしまいます。
SNS上に週報や報告書をまとめ、Web化すれば、書き込みをリアルタイムで確認できる上、上長や人事担当者からも指導内容が確認できるため、育成の不安がありません。
  • UseCase OJTの形骸化を防ぐため、週報や報告書をWeb化
  • UseCase OJTの形骸化を防ぐため、週報や報告書をWeb化