• ホーム
  • コラム
  • 内定者フォロー企画事例集。実用的で使える企画例をご紹介!

コラム

内定者フォロー企画事例集。実用的で使える企画例をご紹介!

内定者フォロー企画事例集。実用的で使える企画例をご紹介!

人気コラム

2018.05.28更新

内定者フォローに悩む企業が増えてきています。
内定者フォローのパイオニアであるEDGEにも、「内定辞退者が増えている」「4月の入社までの間、モチベーションが中だるみしないか?」「承諾後の内定辞退が発生しないか」「懇親会や内定式以外にやることがない」などのお問い合わせが寄せられます。

そこで今回は、弊社が提案する内定者サイト「エアリーフレッシャーズ」活用方法の中から、手軽に実施できるユニークな内定者フォロー施策をご紹介いたします。

【無料体験はこちら】エアリーフレッシャーズの動画投稿機能や管理機能、スマホアプリなど全機能利用可能

また、同時に翌年以降の採用計画立案に向けて昨今の採用環境の変化にあわせた内定者フォローとはどうあるべきかご紹介していきます。
累計3,000社を超えるエアリーフレッシャーズ導入企業の中で特に内定者フォローに成功している企業事例は資料請求フォームより「活用事例インタビュー集」をご請求ください。

動画活用は当たり前!内定者フォローでの企業理解にも動画を

動画活用は当たり前!内定者フォローでの企業理解にも動画を

新卒採用において、動画の活用が主流になっています。しかしスタジオでの撮影や準備にかかるコストが膨大で活用は一部の大手企業にとどまっている事も事実です。
一方、内定者世代が普段利用するサービスに目を移すと、YouTubeなどの動画配信サービスはもちろんのこと、インスタグラムやTwitterでは自身が撮影した動画をアップしています。動画から情報を取ることを得意とする世代には、動画の活用が最も効率よく企業情報を伝える手段となります。

先輩インタビューや職場の様子を動画で配信することで信憑性の高い内定者フォローを

内定辞退が増加する売り手市場において、内定者に適切な意思決定を促すためには企業情報の提供が欠かせません。 他社と比較する際、競合する企業と同じだけの情報量を発信できているのか。内定者が求める情報を提供できているのか。それを一人ひとりヒアリングしながら対応することは現実的ではありませんよね。
そこで先輩社員インタビューや職場の様子、新入社員研修や懇親会などの動画を配信することで、内定者に自社の文化や社風を伝え、自社理解を促します。すべての内定者に会社見学の機会や先輩社員と面談の場を提供することは困難であり、効率的に自社理解を促す手法が求められる中においては、エアリーフレッシャーズにて提供している動画投稿機能は最適です。動画を使えば採用担当者の所有するスマホから職場の様子を撮影して配信したり、オフィスにて若手社員に1分程度のインタビューに答えてもらい、そのまま内定者サイトにアップすることができます。文字や写真と比較すると、はるかに多くの情報をリアルタイムに内定者に伝えることができます。
内定者からも職場の様子や若手の働く姿がイメージできたと大変好評なようです。文字で「風通しが良い社風」と書かれても信憑性はありませんが、インタビューで若手が目をキラキラさせて、後ろにいる先輩がニコニコしながら見守っている様子を動画で見せれば、信憑性のある内定者フォローになります。

スマホアプリで内定者フォロー課題を解決!連絡業務は効率的に

スマホアプリで内定者フォロー課題を解決!連絡業務は効率的に

内定者フォローにおいて、最も時間を要する業務は内定者との連絡です。内定者懇親会の案内や行事の出欠確認など、限られた業務時間内で内定者と連絡を取る上で、内定者の電話・メール離れによる連絡不通が採用担当者にとって大きなストレスとなっていませんか?

スマホアプリの利用で学生の負荷を下げ、採用担当者の働き方改革を実現する内定者フォロー

EDGEが実施した内定者世代への調査では、スマートフォン内のメールアプリ上にある未読メールの件数は、平均で576件、最大17,841件でした。重要なメールを見逃がしたことがあると回答した学生は37.5%にのぼりました。(日本初!内定者フォローSNS スマートフォンアプリ「エアリー」リリース 〜メールを見ない内定者世代へのリーチを強化〜より)エアリーフレッシャーズでは、スマホアプリを提供し、プッシュ通知による内定者へのリアルタイムな情報提供を実現しています。
内定者からのレスポンスが確実かつ迅速に得られるようになり、管理サイトからは未読・既読・完了と、内定者の確認状況を把握することができます。連絡業務に費やす時間を大幅に削減することで、内定者と向き合う時間を確保し、内定者の状況や心境を把握したうえで、コミュニケーションを取ることができ、採用担当者と内定者の信頼関係構築にも貢献します。
1DAYインターンシップも解禁され、インターンシップ設計と実施、その後のフォローと内定者フォローを同時期に実施しなければならなくなった採用担当者の働き方改革にも貢献します。

内定者フォローはスマホアプリが必須の時代に エアリーフレッシャーズ 無料体験はこちら

内定者フォローの定番、内定者懇親会の効果を倍増!

内定者フォローの定番、内定者懇親会の効果を倍増!

内定者フォロー策の定番といえば内定者懇親会です。
たくさんの企業の中から、自社を選んでくれた内定者。その内定者が一同に集まる貴重な機会ですから、採用担当者も有意義な懇親会にしたいはず。
では、有意義な内定者懇親会とはどのようなものでしょうか? その答えは、内定者の皆さんが持っています。

内定者へのアンケートで内定者フォローコンテンツ企画を作成

内定者が望んでいることは何か?事前にエアリーフレッシャーズのアンケート機能を使って聞いてみましょう。具体的には「採用活動の振り返りアンケート」というテーマで質問を投げかけるのがお勧めです。
「自社のどこに魅力を感じたか?」「自社へのイメージは?」
「社会人になる(入社する)にあたっての不安・疑問は?」
「説明会や面接の中で、もっと詳しく知りたかったことは?」
といった質問を投げかけてみます。
そうすると、「学生にとってどんなことが魅力に映るのか」、「この不安は解消してあげないと、入社後のギャップに繋がりそう」、「この職種については、もっと詳しく説明してあげないと」等々、内定者懇親会のコンテンツを企画するにあたって役に立つ情報が得られます。
エアリーフレッシャーズでは、一般的なSNSとは異なり、アンケート結果の自動集計はもちろん、Excelデータでのダウンロードも可能であり、採用担当者の業務負荷を大幅に軽減することができます。
内定者から集めた声をもとに懇親会のグループワークを設計、参加させる社員なども決めましょう。企業側から一方的にコンテンツを提供するよりもはるかに内定者の心に響く懇親会ができます。入社前後の認識のズレやギャップ、不安の解消が実現できれば、納得感して入社を迎えてもらえます。
また、このタイミングで集めた内定者の生の声は、内定者懇親会の企画だけでなく、次年度以降の採用活動にも役立ちます。内定者は自社の欲しい人物像かつ自社を選んでくれている学生です。この層の声を採用に生かさない手はありません。

【無料体験はこちら】エアリーフレッシャーズに搭載のアンケート機能を試してみる

【内定者フォローの新定番】会社理解のためのグループワークで結束強化&モチベーションアップ

【内定者フォローの新定番】会社理解のためのグループワークで結束強化&モチベーションアップ

内定者フォロー施策の一環として、懇親会の場でグループワークを実施する企業が増えています。しかし内定者はまだ大学生。あくまで勉強・研究に真剣に取り組み卒業することが最優先です。そこで、エアリーフレッシャーズを利用してグループディスカッションをしてみるのはいかがでしょうか。
内定者を一箇所に集め、まとまった時間を確保してもらわなくても、スキマ時間でグループワークを実施できます。ディスカッションをエアリーフレッシャーズの中で行うことで、グループ内でのやりとりが見える化でき、消えてしまうこともないのです。
また、ファイルの共有も簡単にでき、ワードやパワーポイントのデータを共同編集することも可能です。採用担当者にとっても、ディスカッションの過程を可視化でき、議論内容やアウトプットを残しておけるます。社員に協力してもらう場合もエアリーフレッシャーズ上でコメントを入れてもらうだけなので、負担を少なくできるので、総じてメリットが大きいという声をいただいています。
さらに、エアリーフレッシャーズではグルーピングの機能や検索機能を活用することで、内定者同士のやりとりを容易に見守ることができ、成果物を提出させる場合も、そのファイルを承認・差し戻すことができ、簡単に手軽な提出部管理が可能です。以下、具体的なグループワークの企画例をご紹介しましょう。

以下、具体的なグループワークの企画例をご紹介しましょう。

先輩社員へのインタビュー実施が、安心感を醸成する内定者フォローに

エアリーフレッシャーズを利用し、より効率的で効果的な先輩社員との関係作りができます。
内定者一人ひとりに先輩メンターを付けてヒアリング、魅力づけを行うことは、採用人数が増えるにつれて難しくなりますが、エアリーフレッシャーズなら手軽に内定者と関わる機会を増やせます。
例えば、複数の内定者を一つのグループとして、グループ単位で先輩社員と座談会をしたり、その際にヒアリングしたインタビュー内容をまとめて、エアリーフレッシャーズ上で共有すれば、自分がインタビューしていない先輩社員の話についても、共有を受けることができます。
社員の方の限られた時間を有効活用して、様々な施策にチャレンジできるのもエアリーフレッシャーズのメリットです。

翌年の採用パンフレット作成が内定者フォローにもつながる

エアリーフレッシャーズで、翌年の採用に使える広報物(ウェブサイト、パンフレット、社員インタビュー記事等)を内定者が作成するワークも多く実施されています。
内定者にとって、このワークは自分の就職活動を振り返り、入社への決意を固め、また社内から会社を見つめる経験をすることで就活生から社員への目線の転換のきっかけにもなります。
採用担当者にとって、採用ターゲット学生に最も近い視点から、自社の採用を見て、どう感じるのかを知る機会となり、次年度採用の参考になります。

内定者が配属されると、マネジメントの主体が現場に移るため、新卒採用に協力してもらうことが難しくなります。「その前に意見を聞ける」と、採用担当者にとっても重宝されているワークです。
エアリーフレッシャーズを使えば、毎回内定者を集める必要もなく、空いた時間を使ってじっくりと制作物を仕上げることができます。一般的なSNSと異なり、管理サイトから内定者同士のやりとりや進捗状況を把握でき、採用担当者からサポートできる点もご好評をいただいています。

airyフレッシャーズ 内定者フォロー成功企業のノウハウを公開!活用事例インタビュー集 資料請求はこちら

内定者フォローで教育は必要?意外に多い入社への不安

内定者フォローで教育は必要?意外に多い入社への不安

内定者フォローの開始時期になると、内定者から必ず出る質問として「入社までに、どのような準備をすればよいですか?」という内容です。
ほとんどの採用担当者は「学生の今しかできないことを思いきりやって4月を迎えてください。」と回答されるようですが、最近はPCをほとんど触ったことがない場合もあり、採用担当者が回答する「入社してからで大丈夫だよ」というアドバイスは、不安を先延ばしにされたと感じます。そうした内定者には、内定者教育の実施が不安解消の手段となります。

eラーニングが不安解消につながり、内定者フォローにつながる

これまでは、残りの学生生活を謳歌させることで内定者の心を掴むことができましたが、社会人になることに不安を抱える内定者が増える中、事前教育を施さない企業は人財投資を怠っていると映り、内定者の不安増幅や承諾後辞退につながりかねません。
こうした事情から内定者の育成よりも、不安解消を目的に通信教育や内定者研修を導入する企業が急増しています。エアリーフレッシャーズでは、社会人への準備を進めるための最適なコンテンツとして、ビジネスマナー編とExcel編のeラーニングを無償提供しています。
通信教育であれば、1人あたり5,000円~10,000円程度の経費が必要となり、企業にとっても大きな負担となりますが、これらの内定者教育コンテンツをeラーニング化することにより、テキストの購入や発送などのコストも削減できます。また、スマホ世代の内定者には、Excelへの抵抗感が強く、入社前に学習することで不安を解消し、入社意欲を高める効果を発揮します。エアリーフレッシャーズでは受講状況も見える化できる上、内定者に対してeラーニング課題を課してしまえば採用担当者の運用に対する手間は発生しません。

【無料体験はこちら】エアリーフレッシャーズに搭載の無料eラーニングをお試し受講してみる

内定者フォローの目的の一つは学生の思考整理

内定者フォローの目的の一つは学生の思考整理

売り手市場と言われる昨今、内定を取った後に入社先を決められずに悩む学生も増えています。そういったケースでは往々にして、自分自身の就活の軸が曖昧になり、様々な周囲の意見で自分の考え方や会社選びの軸を見失っているケースがあります。こうした場合には学生の思考整理を手伝ってあげることが肝心です。

内定フォローでアルバムを作成するサプライズ

内定アルバムという言葉をご存知でしょうか。
会社説明会でのアンケートやエントリーシート、履歴書といった選考中に使用した提出書類、面接でのポジティブな評価など、内定通知までのすべての履歴をまとめてアルバムを制作します。最後のページを開くと内定書が現れるという仕掛けです。
まるで卒業式や送別会を連想させるようなサプライズプレゼントです。 一見すると手間がかかりそうですが、個人の履歴は選考段階で取りまとめられています。 それらをコピーして綴じていくだけ、そこに内定者のハートを掴めそうな温かいメッセージとフィードバックを少し追記するだけの手間で完成します。
採用担当者がかける時間はそこまで多くないにもかかわらず、受け取った内定者は一生の宝物として大切にしてくれます。 何よりも、友人や保護者へも見せてくれる、もっと言うと見せびらかしてくれるのです。 周囲からも「とても良い会社だね!」と評価されますし、保護者も子どもに対するフィードバック(賛辞)を見て嫌な気持ちにはなりません。
内定アルバムを手渡すことで、保護者や友人からもその企業への入社を促してもらえる副次的効果が得られるのです。
また、スマホ世代の内定者には、プレゼントした内定アルバムをエアリーフレッシャーズ内でも閲覧できるようにし、いつでも思い出せる環境をつくることで自社への志望度を維持向上させることが可能です。

売り手市場継続、内定者サイトによる内定者フォロー

売り手市場継続、内定者サイトによる内定者フォロー

ここまで読み進めていただき、ありがとうございます。採用担当者の仕事は年々複雑化し、採用を成功させるのは難しくなっています。
そこで、ぜひ使っていただきたいのが内定者サイト「エアリーフレッシャーズ」です。採用担当者が考える理想の内定者フォローをすべて個別に、アナログな手法を使って実施することは、この新卒採用を取り巻く状況を考えると不可能です。
事務作業は、エアリーフレッシャーズの管理機能で時間短縮をしていただき、本来注力すべきポイントである企業情報の発信や、内定者との信頼関係づくり、内定者の状況把握や内定辞退兆候の察知に時間を充てる事が可能です。これこそが昨今言われている”働き方改革”であり、その旗振り役である人事部門において、採用業務からスタートしてみませんか?

内定者を放置しても何の課題も感じない採用担当者にとっては、投稿の手間や管理の手間が増えるだけのサービスですが、真に内定者の入社後の活躍を願って、それでも日々の業務に忙殺されて、その思いが叶わないという採用担当者にとっては、思いを実現できる効果的なツールです。

内定者辞退可能性の高い学生を抽出してお知らせ!エアリーフレッシャーズ 無料体験はこちら

私たちEDGEは、3,000社35万人以上の内定者データに基づく内定者フォロー施策、内定承諾率を高める事例、インターンシップから効率的に母集団形成を行うノウハウなどを元に、企業の新卒採用成功のお手伝いをしております。