• ホーム
  • セミナー情報
  • 3/11(月)「エンゲージメントを高める新卒採用とは! ~インターンシップから内定者フォローまで1年間使えるHRテック活用事例~」セミナー開催!

セミナー

2/18(月)「エンゲージメントを高める新卒採用とは!
	 ~インターンシップから内定者フォローまで使えるHRテック活用事例~」セミナー開催!

3/11(月)「エンゲージメントを高める新卒採用とは! ~インターンシップから内定者フォローまで1年間使えるHRテック活用事例~」セミナー開催!

セミナーは満員となりました。次回の開催をお楽しみに。

コラム

2019.02.04

38.7%の学生がインターンをきっかけに内定を承諾

 2018年に卒業した大学生の就職率は98%を超え、過去最高の売り手市場となりました。早期に学生と接点を持ちたい企業側は近年様々なインターンシップを開催しており、学生の参加率もより増加傾向にあります。
昨年の学生インターン参加率は92.0%、全体の38.7%の学生がインターンをきっかけに内定を承諾しており、実質的な学生の就活スタートはインターン参加からとなっております。※NPO法人エンカレッジインターン意識調査

未読LINE、メールが増加中

内定者世代を対象にした弊社調査※では、平均576件の未読メールがあることがわかりました。また最大の未読件数は17,841件と大量のメールにより確認が追いついていないことが言えます。併せて全体の37.5%が「過去に重要なメールを見逃したことがある」と回答しており、スマートフォンの普及でアプリによるプッシュ通知が主流になり、学生との繋がりを保つにはメールでの連絡では、重要な通達やスピード感を求められる連絡が漏れる可能性が高まっていることが、本調査より明らかとなりました。※株式会社マーシュ協力(20-21歳の200人対象)
また学生が利用するSNSアプリもLINE、Facebook、Instagram、Twitterと多岐に渡り、特に広告通知が多いLINEの未読件数も増え続けています。

累計35万人以上の学生動向から見える傾向

本セミナーでは、新卒採用におけるコミュニケーションプラットフォームで10年連続シェアNo.1「エアリーフレッシャーズ」を運営するEDGEが、累計35万人以上の学生動向から導き出した、インターンシップを含む早期接点保有学生とのタッチポイントを継続し、新卒採用を成功させる上で重要なポイントをお伝えします。
売り手市場がもたらす、”低エンゲージメント”採用から脱却し、深い企業理解、明確な選社軸を持った"高エンゲージメント採用"へ。
インターンシップから内定者フォローまで年間を通して使える、より具体的な活用事例をご紹介いたします。この機会にぜひご参加ください。

イベント詳細

開催日時 3/11(月) 14:00-16:00 (開場13:45)
参加費 無料
定員 30名
会場 EDGE株式会社 本社 Nagatacho GRID B1F
東京都千代田区平河町2-5-3
※「永田町駅」4番、9番b出口より徒歩2分
  (東京メトロ半蔵門線・南北線・有楽町線)
※「赤坂見附駅」7番出口より徒歩5分(東京メトロ銀座線、丸ノ内線)
アクセスマップはこちら
対象者 人事責任者、新卒採用担当者
主催 EDGE株式会社

講演者

EDGE株式会社 代表取締役社長 チーフエヴァンジェリスト 佐原 資寛

EDGE株式会社 代表取締役社長 チーフエヴァンジェリスト 佐原 資寛

2008年横浜国立大学工学部在学中より社内コミュニケーションプラットフォーム「エアリー」事業へ参画、企業のダイバーシティ推進を支援する「エアリーダイバーシティ」の立ち上げに従事。マネージャーを経て2014年より事業部長を務める。国内最大のテーマパークをはじめ、HRテックを活用し、エンゲージメント向上、社風改革、新卒採用、新人育成、研修フォロー、離職率低減、ダイバーシティ推進、OB/OGのカムバック支援など、人事課題に対するソリューションとしての支援・コンサルティング実績は150社を超える。2017年4月よりEDGE株式会社にて代表取締役社長を務める。HRテック、働き方改革関連の講演、取材実績多数。